QLOOKアクセス解析

2008年09月09日

DMC-LX3(番外3) Ducati 2/2 速い・赤い・Transform?

DMC-LX3(番外2)に引き続き、前回のTurboUSBリーダーを交えて、
SanDisk SDHC 4G Etreme Ducati Editionの実力を測ってみました。

P1020430 あれは赤い彗(ry

今回は液晶ディスプレイ付属のカードリーダーがSDHC未対応の為、
ノーブランドリーダーTurboUSBカードリーダー(ON・OFF)、LX3本体USB接続での測定結果となります。

Ducati2G_NORMAL_READER ノーブランドリーダー

Ducati2G_BUFFALO_NONE_TURBO_USB BSCRA38U2 Turbo OFF

Ducati2G_BUFFALO_TURBO_USB BSCRA38U2 Turbo ON

TurboUSBを有効にすると10%ほど読み込みが早くなりました
ノーブランドカードリーダーとの差が2倍ってのは・・・速いカードリーダーと組み合わせないと転送速度が上がらないみたいですね、ちょっと驚きです。
ちなみに、LX3本体とのUSB接続の結果はこうなりました。↓

Ducati2G_LX3  LX3−USB接続時

・・・・・お話にならない結果になりました。
大量に撮ったものをPCに取り込む際はカードリーダー経由の方が早く終わりそうですね。
転送レート20MBを出すSanDisk SDHCだと体感できる程速いです。
いつもよりささっとPCに取り込むなぁ〜という感じで「圧倒的」に速いわけではないですが、
撮影枚数が多ければ多いほど、その差は歴然としてくるはずです

で、もう一つ、このDucatiEdition、変形します(笑)

P1020430 ←これが

P1020431 ぺきっっとな

P1020432 P1020433

半分に折るとUSB端子が出てきて、USBメモリ化します。
これを買った理由のひとつでもあるのですが、SDHCリーダーって自宅以外にあるとは限らないものだったりします。(職場・友人宅など)
あと、PCからデータをコピーする時、SDカードリーダーなんて標準のPCではついてません。めったに起こらないケースですが、あったら便利と思い、また格好がなんとも、どこかのコアファイターに見えなくもないところに魅力が(笑)

現実的な話に戻りますとこのSDHCカードには以下の魅力・お得なところがあります

・ SDHCのClass6の20M転送の実力をもつ(撮影時のもたつきが解消されます)
・ 変形することでUSBメモリ化する : リーダーなくてもアクセス可能
・ SanDiskという信頼性・無期限保証という絶対的な安心感
・ Ducatiというブランド 赤いところが格好良いですが、普段LX3の中ですが・・・。

そんな理由で5kぐらいだったら買ってもいいかなぁという事でポチりました。
実際LX3で使うと、RAW撮影時、ムービー撮影時の連射が気持ちよくできます(^^)
かなりおすすめです、みなさんもいかがです? 赤くて3倍?速いですよ^^;

最後に、USBメモリー化した状態でのベンチマーク

Ducati2G_USB Ducati USB-MemoryCard Form

割といい数字をたたき出します。なお、PC環境にも依るようです。友人のPCだと23Mぐらいをマークしました。 なので、15〜20Mぐらいは普通にリードしてくれそうです。
さて、これでムービー撮影ができる環境になりました。 次の番外4は・・・、撮れればネタにしたいところですね^^; 映像って写真と違った意味で難しいんですよねぇ。。。



関連記事:
記録メディア転送速度テスト【 SDHCメモリーカード編 】
米SanDisk、高速メモリカード「Ducati Edition」

本日のLX3スナップ猫写真

a cat  猫撮りはむずい。きまぐれもの。

ラベル:DMC-LX3
posted by KDX at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | DMC-LX3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。