QLOOKアクセス解析

2008年08月26日

EOS 50D

キヤノン、“DIGIC 4”を搭載した中級機「EOS 50D」
〜新開発の1,510万画素センサーを採用




発表されたようですね。内容もウワサスペックと大体同じようですね。
とりあえず40Dと比べると、

1 画素数UP 10MP -> 15MP
2 背面液晶画素数UP 26MP -> 92MP
3 DIGIC III -> DIGIC IV
−高感度対策、顔認識AF、ノイズリダクション、オートライティングオプティマイザ etc
4 マイクロアジャスト機能の追加
5 レンズ補正値の保持、およびJPEGへの適用
6 ライブビュー:コントラスト検出、顔優先ライブモード追加、AFカーソル移動可能、
5倍、10倍表示可能
7 UDMA対応

といったところでしょうか。(間違いもあるかもしれませんがご了承ください)
このスペックを見たときに、期待していたものがなかったのでそれがちょっと残念です。

1 9点AF : できれば 13点にしてほしかった。。
2 視野率 : 100%にしてほしかった。。
3 液晶 : バリアングル液晶タイプに。。。(妄想に近いです)
4 内蔵IS: かなり妄想です。

画質、高感度画像などは実際に普通のレンズで撮ってみたものでなければ何も判断できませんが、機能的には、よくぞマイクロアジャスト機能つけたと思います。
この機能は1D系しかつけないつもりかと思っていたので、GJというべきでしょう。

あとは普通に正統進化した感じでしょうか。これといった目新しさは確かにないですが(顔認識AFぐらい?)、全てのコアであるDIGIC4がどれだけのものかはリリースされてから分かると思います。

posted by KDX at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。